サービス&サポート

管理ソフト

eXport はWindows® をベースにした、Softing社のワイヤーエキスパートWXシリーズ用PCソフトウェアです。ワイヤーエキスパート本体から試験結果データファイルを出力し、それをもとに試験レポートを作成し、一般的に使用されているCSV、PDF形式でデータを出力することが可能です。本ソフトウェアは多くの品質・機能テストを繰り返し、最新版が常に最新の通信産業規格と傾向や条件を確実に満たすようにしております。また、認証レポートは、規格で求められていたものを網羅しております。今まで使われてきた認証レポートフォームと違いがないよう、出来る限り同じものを採用することで、ワイヤーエキスパートご使用による変更ストレスをなくしました。

Softing社HP上のソフトウェアのダウンロード先は下記リンクの一番下になります

https://itnetworks.softing.com/asia/downloads/

eXportの動作環境(最低必要)

  • Microsoft Windows® XP/7/8, 32-bit
  • Intel Core 2 Duo, 2Ghz
  • 200MB フリーディスクスペース(インストールに必要)
  • 1GB(RAM)
  • Microsoft .NET framework 4.0

システム要件(推奨):

  • Microsoft Windows® XP/7/8, 64-bits
  • Intel Core i3, 2.4Ghz 以上
  • 4GB(RAM)

ワイヤーエキスパート(WX-4500/500/500R)のソフトウェアアップデートが利用可能になった場合には、Softing社のWWWサイトからお使いのPCにダウンロードが可能です。ダウンロードしたファイルを実行することでエキスポート(eXport)のソフトウェアがアップされ、エキスポートからワイヤーエキスパートのソフトウェアのデータをダウンロードします。詳細の手順を以下に示します。

※ WX-4500とWX-500・WX-500Rのソフトウェア同じものです。

インストールとアップデート手順

以下の手順に従って、エキスポートのインストールおよびアップデートを行って下さい。

  1. PCからインターネットに接続し、『https://itnetworks.softing.com/asia/downloads/』サイトに移動します。(Softing社のホームページ)


  2. 登録して頂き、ホームページ下にある『WireXpert 4500』からお使いのPCの仕様に合った物をクリックしダウンロードします。


  3. ダウンロード完了後、エキスポートのインストール作業を行います。ダウンロードしたファイルは、圧縮ファイル(ZIP)の為、解凍します。(下記ファイルはWindows 7の32ビット版です。)

    イメージ

  4. 以下の手順でインストールを行います。インストールは、下記ファイルをダブルクリックで実行してください。

    1. 「Step_1_drvupdate-x86.exe」を実行します。
    2. 「Step_2_dotNetFx40_Full_x86_x64.exe」を実行します。
    3. 「Step_3_eXport_setup_vX.X.X_xXX.exe」を実行します。

    ※下記ファイル名は、Windows 7の32ビット用です。

    イメージ

  5. Step3のeXpertのインストールは、以降の手順で行ってください。


  6. 「Step_3_eXport_setup_vX.X.X_xXX.exe」を実行すると以下の画面が表示されます。「Next」をクリックします。

    イメージ

  7. User Name、Organizationはそのままの値で「Next」をクリックします。

    イメージ

  8. 「Next」をクリックします。

    イメージ

  9. 「Install」をクリックします。(インストールが開始されます。)

    イメージ

  10. インストール完了後、「Finish」をクリックします。デスクトップにエキスパートのショートカットが自動的に作成されます。これでエキスポートのインストールが完了です。

    イメージ

テスト結果をCSVやPDFで出力する方法

エキスポートにインポートしたテスト結果をCSV形式またはPDF形式に保存することができます。以下の手順に従って、CSVまたはPDF形式でテスト結果を保存して下さい。

  1. USBからテスト結果をインポートした後、出力したいテスト結果を選択します。(複数選択可能) その後、『エクスポート』→『PDF』または『CSV』を選択 → 『概要』または『詳細』をクリックします。

    イメージ

  2. エクスポート方法を『選択した結果』もしくは『全ての結果』から選択して『OK』をクリックします。保存するファイル名称を入力し『保存』をクリックするとテスト結果が出力されます。

    イメージ